TOP
当財団の概要
昨年度の事業
介護保険事務士講座
介護技術インストラクター
池田
当財団の出版物
所在地
E-mail
平成21年度
1. 研究助成事業
 (1)オーストラリアに介護研究所の研究

 (2)研究助成事業
   ・海外派遣研修
   ・国内研修
   
「韓日福祉研修団 日本研修・視察」
     「釜山社会福祉協議会 韓日福祉研修」


 (3)特別研究プロジェクト 障害者の就労支援研究
報告会の開催
「高齢者福祉分野での障害者雇用促進にむけた福祉政策と労働政策の連携に関する研究」の報告と併せて、基調講演、並びにシンポジウムを開催し今後の障害者の就労支援について考察を深めた。
・基調講演1
「障がい者支援施策の今後の動向と課題について」
厚生労働省 北海道厚生局長 藤木 則夫 氏
・基調講演2
「北海道内における障害者雇用の現状と課題について」
北海道 経済部労働局長 石垣 健彦 氏
・平成21年度障害者保健福祉推進事業 研究報告
「高齢者福祉分野での障害者雇用促進にむけた
福祉政策と労働政策の連携に関する研究」
・シンポジウム
「高齢者施設における障害者就労支援の可能性について」
(コーディネーター)
元 厚生労働省社会援護局障害保健福祉部 障害福祉課専門官 武田 牧子 氏
(シンポジスト)
厚生労働省 北海道厚生局長 藤木 則夫 氏
北海道 経済部労働局長 石垣 健彦 氏
札幌市 保健福祉局 保健福祉部障がい福祉課 課長 天田  孝 氏
株式会社ダックス四国 代表取締役社長 且田 久雄 氏
2. 啓発普及事業
1. シンポジウムの開催
「今改めて日本の高齢者介護を考える」
国際医療福祉大学 大学院 教授  和田  勝 氏
内閣府政策統括官 経済財政運営担当 山崎 史郎 氏
厚生労働省医政局 政策医療課長  武田 俊彦 氏
2.

 

講演会・研修会の開催
デンマークの介護職員と看護職員との関係、現状について知る事により、日本における介護と看護の連携について考察を深めるため、デンマークより高齢者センター「ローカルセンターローセンゴー」所長 アナガレータ サーンセン 氏と社会保健介護士 モモヨ・T・ヤーンセン 氏を招聘し講演会・研修会を開催した。
3. 介護保険事務士認定事業
平成20年度認定者数810名(総計5211名) 
4. 「介護保険事務士上級」コースの創設
 介護保険の正しい理解と適切な事務処理が出来る人材養成に寄与するために、従来から実施してきた「介護保険事務士」の上級資格として、介護給付費請求事務担当者に必須の介護給付費請求実務の知識と技術に加えて、現場業務として必要となる労務管理、指定申請、コンプライアンス、関連法律等の幅広い実務知識を習得できる「介護保険上級資格」を創設した。
 
戻る
copy